楽天カードはどのように作る?

インタネットショッピングが年々普通の事になってきています。


また格安携帯の申込などにも、
クレジットカードが必須となっているケースも多々あり、
1枚は持っていた方が良い時代です。


数あるクレジットカードの中でも楽天カードは、
人気と満足度の高いカードとして多くの方に選ばれています。
では楽天カードはどのように作ることができるでしょうか?


インターネットからの申込はキャンペーンをチェック

楽天カードでは新規会員獲得のために、
キャンペーンを行なっていますので、
申込時にキャンペーンがあるか確認しましょう。



タイミングが合えば、
楽天ポイントを獲得することもできるので、
楽天カードのホームページをきちんとチェックしましょう。


キャンペーン中であれば、HP上のキャンペーン部分をクリック、
キャンペーン外であれば、申込部分をクリックして申込が始まります。


楽天カードの申込の時には、
いくらか情報を入力する必要がありますので、
事前に資料を準備しておくなら申込がスムーズになります。


準備しておいた方が良いものは、
クレジットカードの引き落としとなる銀行と口座番号です。


通常自分が使っている残高が十分残っている口座を選んでおきましょう。


すでに楽天銀行の口座を持っているのであれば、
こちらの口座番号と支店番号まで調べておきます。


他には自分の年収と世帯収入、預金金額、
勤務先のTEL番号、身分証明書なども必要になりますので準備しておきます。


カード申込の際に決める事を事前に決定しておく

楽天カードを申込む時には、
いろいろな事を決める必要がありますので、事前に決定しておきます。


最初は3つのカードブランド、


  • VISA
  • MASTER
  • CARD

JCBの中から1つを選ばなければいけません。


海外へ旅行予定がある方は、
海外でも利用する機会があるので、
1番普及しているVISAがオススメです。


日本国内での利用機会が多いのであれば、
JCBブランドも良いでしょう。


特にnanacoカードを持っている場合には、
JCBブランドのみnanacoのチャージの際に楽天カードを利用でき、
楽天ポイントも貯められるのでお得です。


もしよく分からないという場合は、
VISAを選んでおけば問題ありません。


さらに決定が必要なのは楽天Edy機能を付与するかどうかです。


楽天がEdyを買収することで始まった楽天Edyですが、
使用範囲がとても広いので優良ですが付けても良いでしょう。


ETCカードの追加発行の有無ですが、
こちらのカードは年会費がかかるので申込む必要性は低いと言えます。


最後は家族カードの必要性ですが、
これは後でも申し込めるので飛ばしても良いです。


以上の事が申込む前にある程度決めておいた方が良いことです。


個人情報の入力には最新の注意をする

ここまで事前に準備しておけば、
後は決めた内容の選択と個人情報を入力するだけで申込が完了です。


項目の中には紹介者や、
携帯メールアドレスの記入欄がありますが、
こちらは空欄でも問題ありません。


次の欄は氏名と住所、電話番号の入力ですが、
この情報の入力には気をつけましょう。


仮に住所を間違えてしまうと本人確認ができないので、
自宅でカードの受取ができなくなってしまいます。


電話番号も可能な限り固定電話を入力します。


そして入力を迷ってしまう項目は、
他社からの借り入れ状況や年収だと思います。


借り入れとは簡単にいうと借金の事ですが、
カード会社は借金情報を見られるので隠すことなく正しく入力します。


この際に入力しなければいけない年収情報は、
税金や保険料が含まれた年収であって手取りではありませんので注意が必要です。


こうした情報を全て適切に入力すると申込が完了し、
登録したメールアドレスに申込完了メールが送られてきます。


申し込み受け付けメール受け取り以降の流れ

申し込みが完了すると、
早い段階で申し込み受け付けメールが届きます。


こちらには申し込み受付IDが送られてくるので必ず控えておきます。


この申込完了メールが届いた後は、
個人差はあるもののおよそ数時間で審査結果が届きます。


審査結果メールには審査の可否について言及するというより、
審査に通った場合にはカード発行手続き完了しましたという文面が書かれています。


この言葉があれば審査に間違いなく通ったことになり、
後はカードが自宅に届くまで待機です。


時期によって多少の差はあるものの、
基本的にカードが届くまで1週間から2週間かかります。


カードが郵送されてくる時には、
本人確認の必要な書類として送られてくるので、
自分が自宅にいる時しかカードを受け取れません。


家族にお願いしても配達員からは受け取れないので注意しましょう。


自分が確実にいる時に受け取れるように再送を手配しなければいけません。